リスザル萌え~沖縄県石垣島のやいま村に行ってきた

スポンサーリンク

3月の沖縄旅行では、石垣島を自転車で回りました。
天気はあいにくの雨模様。
雨脚が強くなってきたので、雨宿りのために、やいま村に入園しました。
やいま村は沖縄の古民家を移築して、さまざまプログラムを体験できたり、沖縄民謡を聞くことができたりして、2~3時間は楽しめる沖縄文化を紹介するテーマパークです。
また、2005年にラムサール条約に登録された名蔵アンパルと呼ばれるマングローブ林で囲まれた干潟に向かう自然探勝路もあり、沖縄の自然を身近に感じることができます。

入場料は中学生以上の大人1000円,子ども500円です。
http://www.yaimamura.com/anpal.html

私が訪れたときに、この自然探勝路でセマルハコガメが道を横断しているのに出くわし、写真を撮ることができました。
めったに見られない天然記念物に指定されているので感動ものです。

この「やいま村」の名物がリスザルです。
このサルは中南米原産で、沖縄とは縁もゆかりもない動物ないのですですが、まあ、ここは観光地ということに免じてやってください。

私は初めはリスザルにはとくに興味はなく、せっかくお金を払って入場したのだから、という軽いノリでリスザル園に入りました。


います。います。
木の上、渡されたロープの上、道路にもたくさんのサルが下りてきています。
まだ生まれたばかりの子どものサルです。


ジャーンプ!

園内に群れて行動しています。
人間に慣れているようで、平気で自分から腕に乗ってきます。
中には、服におしっこをひっかけて逃げてゆく不届き者もいて、かけられた女学生が悲鳴をあげていました。
私の腕にも駆けあがってきて、カメラを覗きこむ様がなんとも愛らしい。

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする