【2歳馬最新情報】G1サラブレッドクラブ~3頭がゲート試験合格でデビュースタンバイ

サンデサラブレッドクラブ、社台サラブレッドクラブに引き続いて、G1サンデサラブレッドクラブ所属の2歳馬の最新情報(5月21日現在)をお届けする。

なお、以下の表はG1サラブレッドクラブ公式ホームページをもとに作成した。

サンデー、社台はすでに何頭かデビューの日程が決まっているが、G1サラブレッドクラブの馬は現在、入厩が6頭、ゲート試験を合格した馬は3頭いるが、まだ1頭もデビュー日程が定まっていない。

下の表を見ると関西馬のほうが順調に進んでいるようだ。

今年のG1サラブレッドクラブ所属の3歳馬の成績は厳しいものとなっている。

この反省から、今年の2歳はじっくりと調整を進めているのだろう。

まだ焦ることはない。まずは1勝を目標にそれぞれの馬に合わせてデビューに向けた準備を慎重に進めてもらいたい。

アルバートドックの全弟リンドブラッドは輸送で疲れがあって、小休止状態。
「新しい環境にしっかりと慣らしてから、本格的なキャンター調教やゲート練習を進めていきたいと思います。」と田代助手は話している。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村