シュヴァルツリーゼに大器の予感~馬体は裏切らない

スポンサーリンク

シュヴァルツリーゼが軽く新馬を勝ち上がった。

出資者のみなさん、POGで指名された方々、馬券をゲットしたぜというファンのみなさん、おめでとうございます!
この馬に私はいっぺんで惚れちゃいました。
強い馬には気品があります。前駆の可動域が広く、力強く掻き込む走りは、粗削りながら大器の片鱗をうかがわせます。
もしも今日、この馬が負けるようなことがあれば、相馬がわからなくなるところでした。

相馬は、やはり馬体が命。

馬体は裏切らない。

募集時に光るものがある馬は、競馬に行っても強い。馬体は裏切らない。このことを今日、強く確信しました。
さあ、来週は愛馬ペルクナスが芝でデビュー。
シュヴァルツリーゼと対照的な馬体をしています。
かたや、柔らかみがあって、歩様や身のこなしが軽やか。
対するペルクナスは募集時には重厚感があってパワフルな馬体。
芝で、マッチョマンは通用するか。
見ものです。
この1週間、ワクワク感が止まらない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング