アルクス、血統、調教、騎手、厩舎と三拍子、四拍子そろった/11月4日(日)社台出走新馬

スポンサーリンク

<牡馬>アルクス、父ハービンジャー、栗東・池江泰寿厩舎
京都5レース(芝2000m)ルメール騎乗

アルクスの祖母は関西TVローズS(G2)、クイーンS(G3) など重賞2勝のレクレドール (父サンデーサイレンス)。

産駒から京成杯(G3) を勝ったベルーフ (父ハービンジャー) をさっそく出した。

早いものでレクレドールも、もう孫の世代。

本馬は初孫だ。

10月25日(木)の調教は、CWコースで、6ハロン82.8-67.1-51.8-38.0-12.0の時計をマーク。

10月18日(木)はCWコースで速め。6ハロン82.0-65.8-51.6-37.7-11.7の時計をマーク。

クラブホームページでは、いずれも「良い動き」と評価されている。

これだけ動けば勝ち負けでしょう。

ダントツの一番人気に応えてくれるはずです。

ベルーフとは3/4同血で、サンデーサイレンス系とハービンジャーとの相性の良さは折り紙つき。

血統、調教、騎手、厩舎と三拍子、四拍子そろった。

社台だから、募集時の競争率はそれほどでもなかったにちがいない。出資者が羨ましい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする