むかし、本当にあった変な職業

スポンサーリンク

クイズ。

むかし、本当にあった仕事は次のうちどれでしょうか?

①道の真ん中で、通行人に道を教える仕事。

②レストランで客が食事のマナーを守るように見張る仕事。

③アパートで、朝、定時に起きれない人を起こす仕事。

④暑い日にハンカチで汗をぬぐってあげる仕事。

正解は③番です。

目覚まし時計が発明される以前の時代、早番の工場労働者を定時に起こして仕事に就かせるために、「起こし屋」という仕事があったそうです。

起こす方法としては、次のようなやり方だった。

アパートの下の階から長い棒で上の階の窓をこすって、キイキイと嫌な音を出して起こす。

吹き矢で豆を飛ばす。

メアリー・スミスという「起こし屋」の女性を題材にした絵本も作られているそうです。

それにしても、世の中にはいろいろな仕事があるもんだ、と感心します。

最近、友人に紹介してもらった動画で、「プロ奢(おご)ラレヤー」という仕事で生活している若者が今の日本にいるそうです。

Twitterで、「今、どこそこにいる。奢って」とつぶやくだけで、近くにいるフォロワーが食事をごちそうしてくれる。

泊まるところも、「今晩泊めて」とつぶやけば、何人からもOKの返事がくるそうです。

選ばれなかったフォロワーは悔しがるんだとか。

この仕事を考えた中島君を特集したテレビ特番がユーチューブにアップされていたんだけれど、削除されてしまった。

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする