【リンドブラッド】G1サラブレッドクラブ復活の狼煙(のろし)を!

12月8日(日)

【G1】

<牡馬> リンドブラッド、父ディープインパクト、栗東 ・藤原英昭厩舎

阪神5レース(芝1800m)福永祐一騎乗

今年のG1サラブレッドクラブ2歳馬の出だしが遅い。

49頭中、デビューした馬が27頭。

うち、勝ち上がった馬は2頭。

ラインオブダンス(牝馬、父ハーツクライ)

ラヴォアドゥース(牝馬、父ダイワメジャー)

2頭とも自家生産(追分牧場産)ではない。

白老牧場生産馬だ。

ちなみにサンデーサラブレッドクラブは82頭中、デビューした馬が57頭。

うち、勝ち上がった馬は22頭。

社台サラブレッドクラブは89頭中、デビューした馬が45頭。

うち、勝ち上がった馬は8頭。

(2019年12月7日 11月26 日現在)

社台の不振は以前から言われていることだが、なぜG1サラブレッドクラブ、とりわけ追分ファームが低迷しているのだろうか。

その理由はこれからじっくりと考えていきたい。

仮説として真っ先に浮かぶのが、繁殖牝馬の質が悪い?

という理由。

しかし、これは明日デビューを迎えるリンドブラッドの走り如何で正否がある程度判明する。

リンドブラッドの全兄はアルバートドック (牡馬、2012年生まれ、父ディープインパクト) 5勝のうち、小倉大賞典と七夕賞のG3を2勝している。

2013年生まれのもう1頭の全兄リライアブルエースもオープンまで行き、現在5勝している。重賞勝ちこそないが、1つ勝つのも難しい競走馬で5勝は立派な成績だ。

アルバートドックは2歳9月の阪神芝2000m新馬戦デビューで6着。

リライアブルエースは3歳4月の阪神芝1800mの未勝利戦デビューで3着。

リンドブラッドはリライアブルエースと同じ阪神芝1800mを選んだ。

この3兄弟の母ゴールデンドックエーの子どもはこれまで5頭デビューしていて、いきなりの新馬勝ちはいない。

だから、明日のリンドブラッドの新馬戦は過度に期待できない。

が、もし負けても、叩きながらという血統だということ。

G1サラブレッドクラブ復活の狼煙(のろし)をこの馬で上げてもらいたい。

2月4日(水)は岩田望来騎手を背にウッドチップコースで追い切りました。6Fから84.7-68.4-53.1-38.8-11.8秒の時計をマークしています。

「先週のジョッキーの手応えが良かったですし、だんだんと動けるようになってきました。今日(水)は長めから負荷を掛けて、終いまでしっかりと走っていました。細かいところではまだ伸びしろのある状況ですが、2歳馬としての水準では動けています。ここまでじっくりと乗り込み、キツイところも乗り越えて、現状としてはいい感触で送り出せると思います」(荻野助手)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村