【新馬/スタインウェイ】父ジャスタウェイで2歳戦から活躍できる

6月1日(土)

【サンデー】

<牡馬>スタインウェイ、父ジャスタウェイ、美浦・古賀慎明 厩舎

東京5レース(芝1400m)ルメール騎乗

デビューが決まって、改めてこの馬の血統を調べてみた。

母の ジュエルオブザナイトは米国産で父がGiant’s Causeway)。2戦して未勝利で引退したが、産んだ娘の成績が凄い。

初仔のイブニングジュエルは父が Northern Afleetで、合計7勝している。 その内訳はG1を2勝( アシュランドS、デルマーオークス)、G2を2勝(ハニームーンH、サンクレメンテH) して、 G1ケンタッキーオークスにも2着にきている。

最近、社台・サンデーの繁殖牝馬は良血馬がゴロゴロいるので、募集時にはまったく気が付かなかった。

本日(水)内田博幸騎手が騎乗してウッドチップコースにて3頭併せの中で追い切られました。内田博幸騎手は「左右の馬に頼る子供っぽさはありますが、動きはいいですね。ウッドチップコースより芝の方が動けるタイプだと思います」と話しています。
古賀慎明調教師は「先週(金)はポリトラックコースではなく芝コースで調整しました。芝でのフットワークはよく、その後の(日)ウッドチップコースでの70-40も軽快でした。しっかりと負荷をかけることができました。先週(水)は物足りない印象を受けましたが完全に払拭できました」と笑顔で話しています。

本番ではルメールが騎乗する。

ここは勝負がかりと考えていいだろう。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村