ドナウデルタとペルクナスを持ってる自分って? グダグダ1口馬主の一年がスタート。

このタイトルですべてを表わしています。

 

ドナウデルタは今日のシンザン記念でドン詰まりで行き場をなくして終了(9着/12頭立て)。
ペルクナスは昨日の福寿草特別で2番人気もブービーの5着(6頭立て)。
言い訳すると、ドナウデルタは騎乗ミス、ペルクナスは気性難。
でも敗因なんてどうでもいいんです。
ダメなものはダメ。
それだけ。
せっかくスランプから抜け出して、去年、ドナウデルタとペルクナスの2歳がポンポンと勝ちあがって、ようやくトンネルから抜け出したかと思ったら。。。
トンネルを抜けるとまたトンネルだった。
ここは中央自動車道か?

新年からこれじゃあ、先が思いやられる。

どんな地獄の一年になるのでしょうか。
不幸を丸めて、おにぎりにしたような一年か。
不幸のおにぎりに不運を加えて煮込んでリゾットになる一年か。

どんなレシピの料理が食べられるか楽しみだ。

食べたくないけど、出されたものは残さずに食べなさい。

お母さんに言われた。


もうこうなったら出資馬が勝っても負けてもいい。
負けたら、それを自虐ネタに書いてやる。

ヒロシです。

って言ってオチにしてやる。

そういえば、ドナウデルタはエイトのヒロシが本命(◎)を打っていた。

ヒロシです。

おあとがよろしいようで。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

一口馬主ランキング

<!–EndFrag