鬼才谷川俊太郎 絵本の世界「もこもこもこ」

スポンサーリンク

詩人谷川俊太郎は嫉妬(しっと)するほど才能が溢れている。
なにしろ、世の中、自称詩人はゴマンといるが、詩だけで食べていける人間は、日本でもこの谷川俊太郎ぐらいだろう。
あとの詩人は大学で教えていたり、編集者や翻訳者などの副業(というより、収入の面からはこちらが正業)を持たないと生活ができない。
その谷川は絵本も何冊か書いている。
その中でも、極めつけなのが、「もこもこもこ」だ。


この絵本の何がすごいかっていうと、この本、擬態語、擬音語だけで書かれているということ。

説明文は一切ない。

絵とオノマトペだけで世界が構成されている。

大人が読んでも、何がなんだかさっぱりわからない。

ところが、幼児がこの本を読むと,ケラケラと笑うのだという。

行間を読む、というのが詩の味わいかただが、この絵本は行間どころではない。

幼児たちは、行間というよりも、オノマトペの音や質感を楽しんでいるのだろう。

そういえば、お笑い芸人でラーメンズもオノマトペの達人だ。

日本語学校で外国人が日本語を習うという設定のネタで「しんばっし」というギャグが、やたら面白かった。

この絵本の面白さは、あのラーメンズの芸に匹敵する。

ともあれ、谷川俊太郎自身が朗読している動画がある。

貼っておいたので、興味を持たれた方はご視聴ください。

「もこもこもこ」

https://youtu.be/n_B8iJXNbbM?t=3

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング