【◎レッドベルジュール】朝日杯FS/デイープ×Unbridled’s Songはニックスだ!

本日(12月15日)の阪神メインの11R朝日杯フューチュリティステークス(G1)の本命は6枠12番レッドベルジュールを推す。

父ディープインパクト、母父Unbridled’s Songの組み合わせは、中央で20頭デビューして18頭が勝ち上がっている(2019年11月16日現在)。

勝ち上がり率は何と90%!。

以前、ディープインパクト×Storm Catはニックスとされ、キズナをはじめとして、サトノアラジン、リアルスティールなどダービー馬や多くのG1勝ち馬を輩出した。

ディープインパクト産駒の獲得賞金ランキングを見ても、この組み合わせの馬が上位に何頭もきている。

一方、ディープインパクト×Unbridled’s Songは57位にダノンプラチナ(牡馬、2012年生まれ、獲得賞金1億9,582円、14’朝日杯フューチュリティステークス(G1)優勝)がやっとくるだけだ。

これは何を意味するか。

ディープインパクト×Unbridled’s Songの相性がいいと生産者が気づいたのは、最近になってからだという事実だ。

Unbridled’s Song産駒の繁殖牝馬に慌ててディープをつけ出して、結果が出始めたものの、その時はすでにもうディープインパクトはこの世にいない。

なんと皮肉なことだろうか。

ともあれ、レッドベルジュールは亡き父に2歳チャンピオン戴冠の声を届けてほしい。

朝日杯フューチュリティステークスの本命はレッドベルジュールで間違いなしだ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村