エターナルディーバ。ホクトベガのようにダートにめっぽう強い牝馬、現れないかなあ。

2月16日(土) 【社台】 <牝馬>エターナルディーバ、父キングカメハメハ、栗東 ・清水久詞 厩舎 京都3レース(ダート1800m)鮫島良太騎乗 エターナルディーバの祖母パーソナルレジェンド(父 Awesome Again)はとにかくダートに強い馬を出す繁殖牝馬だった。 中央、地方の合計重賞を4つ(エンプレス杯[指定交(G2)、クイーン賞(G3)、マリーンC(G3)、レパードS(G) )も勝った牝馬のミラクルレジェンド (父フジキセキ) 。 地方競馬の1年を締めくくる東京大賞典競走(G1)や、中央でもダート重賞を3勝(エルムS(G3)2回、みやこS(G3))したローマンレジェンド (父スペシャルウィーク) 。 ほかにも牝馬ながらダートを4勝したアーバンレジェンド(父アグネスタキオン)や社台サラブレッドクラブクラブで募集され、ダートを3つ勝ったオーサムレジェンド勝った(父ゼンノロブロイ)など、「砂にまみれた一族」と言ってよかった。 今はパーソナルレジェンドの孫の世代に移り、ダートの女傑ミラクルレジェンドも子供が走る代となった。 また砂の大物が出るぞと期待していたところに現れたのが2番子のグレートタイム (父キングカメハメハ) で、デビューから2着⇒1着⇒2着⇒1着と連を外さずにきて、3歳ダートオープンヒヤシンスステークスで4着と期待を裏切り、GⅢユニコーンステークス2着、地方GⅠジャパンダートダービー3着、GⅢレパードステークス6着と成績が尻すぼみになっている。 正直、期待に十分応えられていない現状にファンも欲求不満になっている。 ここは妹のエターナルディーバに兄が応えられなかった分を取り戻してもらおう。 調教は2月13日にCWコースを強めに追って86.4 -69.8 -55.3 -41.3 -12.8のタイム。 ドゥオンフルール(新馬)一杯の内で0.8秒遅れている。 これは馬体重が430kg台と少なく、体重をキープするために、調教をセーブ気味にしなければいけないという事情によるものだろう。 レース当日の馬体重に注意したい。 ともあれ、ホクトベガのようにダートにめっぽう強い牝馬を長く待望しているロートル競馬ファンの私としては、エターナルディーバにこれを求める、というのは期待しすぎだろうか。 👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村