叩き良化型のスティーリアは使われつつ/9月16日(日)社台出走新馬

スポンサーリンク

この馬は姉でサンスポ賞フローラS(G2) 2着馬のブランネージュ (牝 2011産) と同配合。

ブランネージュ はデビュー戦3着のあと、3着→2着→2着→3着となかなか勝ち切れず、6戦目でようやく勝ちあがった。

9月12日(水)の追切はウッドチップコースで4Fから58.3-4、2.5-14.2秒(強め)の時計で、池上昌和調教師のコメントも「まだ芯が入ってない感じがありますが、能力は感じさせます。心身のバランスが取れておらず、ウッドチップコースだとまだそこまで時計が出ないですね。これから良くなってくると思います」と、強気にはなれない内容だが、姉と同様にこのスティーリアも使いつつ、というタイプなのだろう。レースを使いながら、慣れてきて勝ちあがれば言うことなし。

ここは、長い目で見て応援するほうがいい。

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする