【アーモンドアイ】ルメールがミス。それでもドバイ・ターフを優勝。

いくらなんでも、ルメール仕掛けが早すぎた。

直線、最後の1ハロン前にすでに直線で先頭。

最後は後続に詰められた。

それでも1馬身の差をあまして優勝。

ルメールは差して届かずを心配して、早めにスパートをかけたんだろうけれど、冷静沈着で鳴るルメールにしては珍しい。

それにしても、このメンバーには敵はいなかった。

凱旋門賞と今回のドバイターフでは対戦相手もコースや条件も違う。

だから今回の勝利で「凱旋門賞もいけるだろう」などと安易な結論付けは慎まなければならない。

けれど、大目標に向けて、順調な第一歩を踏みだしたといっていいだろう。

私たちはアーモンドアイという歴史的な名馬をリアルタイムで見られる幸福を実感している。

今秋、朝日・読売の大手紙1面に初めて競馬のニュースがアップされるのは夢でない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村