【JRA史上最大の不祥事】禁止薬物出走取消事件では馬主がかわいそう(リナーテも被害)

「JRAは15日、今週の出走予定馬の中に禁止薬物を摂取した可能性のある馬が判明したとして、該当する156頭を競走除外とした」

日刊スポーツより

これは酷いね。

JRA指定業者が販売していた飼料のなかに禁止薬物「テオブロミン」が含まれていたってことだろ。

売店で公然と売られていたものを調教師は購入して、管理馬に与えた。

これって調教師の責任なの?

なぜそんなものをJRAは認可したんだ?

認可される前に、業者が勝手に売っていたってこと?

いずれにしても、被害者は調教師や馬主とお馬さんだ。

リナーテやその出資者のみなさんがかわいそう。

経緯が明らかになれば、最悪裁判ものだよ、これは。

そんな司法に出すドロドロの事態になる前に、責任の所在者がなんらかの形で調教師や馬主に対して金銭補償するのが筋。

JRAは早急に原因を調査して公表、場合によってはJRAによる補償で誠意を示さなければファンは納得しない。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村