【クワトロチェント】「安くていい馬」と去年推した馬が満を持してデビュー。

8/31(土)

【サンデー】

<牡馬> クワトロチェント 、父スマートファルコン、美浦・新開幸一厩舎

新潟 6 レース( ダ1200 m)石橋脩騎乗

姉妹ブログの「相馬の梁山泊」で去年の5月30日に「社台・サンデー2018年度募集馬/血統表から狙ってみたい馬②」でこんなことを書いた。

https://ameblo.jp/aromacandle777/entry-12379983334.html

今年の名簿で最初に目に留まったのは、
チャーチクワイヤの17(父、スマートファルコン)。
(中略)
この馬を狙ってみたいのは、母父がネオユニヴァースということ。
以前、このブログで母父ネオユニヴァース馬の勝ち鞍が
芝からダートへと変化してきていることを指摘した。
こうした傾向は、かつてはブライアンズタイム産駒にも見られ、注意が必要と書いた。
https://ameblo.jp/aromacandle777/entry-12375660926.html
現役馬でもブルードメアサイアーがネオユニヴァースの馬に
3歳のスマハマやルヴァンスレーヴなど
将来、古馬ダート重賞戦線をにぎわせるであろう期待馬がいる。
ダービーで3着にきたコズミックフォースも、芝G1では切れ味で劣り善戦マンで終わってしまう可能性があるが、ダートに転戦すれば、同じキングカメハメハ産駒のホッコ―タルマエ級の活躍も期待できる。
(中略)
現在のところ、母父がネオユニヴァースでダートの目立った活躍馬は出ていないが先物買いとして、スマートファルコン×ネオユニヴァースのチャーチクワイヤの17を狙ってみたい。

そして、チャーチクワイヤの17、競走馬名 クワトロチェントの待ちに待ったデビューが近づいた。

血統は地味だが、こういう馬こそコツコツ稼いで馬主孝行と呼ばれるようになる。

将来を占う意味でも大事なデビュー戦だ。

しっかりと見届けたい。

8月28日(水)ポリトラックコースにて併せ馬で追い切られ、追走併入しています。新開調教師からは「ポリトラックコースでは動きはもうひとつですが、ダート馬にはそのような傾向があるので問題ないでしょう」とのコメントがありました。

サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村