競馬予想一覧

【オルフェーヴル産駒の馬券戦略】イヴォークの敗戦から考える

昨日の1口馬主クラブの競馬は、サンデーサラブレッドクラブのゲインスプレマシーの頑張り(福島新馬戦3着)や社台サラブレッドクラブのソーグリッタリングの中京での圧勝(長久手特別)などのニュースもあったが、個人的には、オルフェーヴル産駒、イヴォークの敗戦が衝撃的だった。(函館1レース、2歳未勝利戦)。

クリンチャー凱旋門賞挑戦。案外イケるかも。

日本のアスリートが本場の欧米に挑戦するときに、マスメディアの反応は大きく2つに分かれる。 松坂大輔のメジャーリーグ挑戦や松岡修造のウインブルドンのときのようにちやほやと持て囃すケースがひとつ。 もうひとつは、そんなのは無謀だ。馬鹿な真似はよせと諫め、冷ややかに静観を決め込む場合だ。

【社台・サンデー今週の新馬その③】まとめて応援しちゃいます!

レヨンのところでも書いたが、ルーラーシップの仔はよく見せるね。 直前の追切情報。7月18日のチップコースでの調教では、後方から進み、最後の直線で2馬身ほど先着。(クラブホームページ) 高柳瑞樹調教師は「いい動きでした。今日の動きならいい競馬ができると思います」と慎重な物言いでしたが、最終追い切りには納得していました。」とのコメントを発している。

【社台・サンデー今週の新馬その②】まとめて応援しちゃいます!

今週出走するクラブの新馬 サンデー アルテヴェルト(父ハーツクライ、栗東・庄野靖志厩舎) 7月22日(日)函館5R・新馬(芝1800m)戦にルメール騎手54kgで出走 レヨン(父ルーラーシップ、美浦・菊沢隆徳厩舎) 7月22日(日)福島5R・芝1800m牝馬限定戦に54kg横山典弘騎手で出走

ディープ三人娘を中心に今年は強力~2018-19/POGの布陣

マルケッサ(3歳牝馬、未勝利) ドナウデルタ(2歳牝馬、新馬)現在、社台、サンデー、G1で6頭に出資している。 〇社台サラブレッドクラブ ルーズベルトゲーム(4歳牝馬、500万下) オルファクト(3歳牡馬、未勝利) ペルクナス(2歳牡馬、未入厩) 〇サンデーサラブレッドクラブ 〇G1サラブレッドクラブ ラレータ(4歳、500万下) ご覧の通り、未勝利、未出走が多い。勝ち上がっても1勝どまりの頭打ち。 勝ち星から1年以上、見放されている。 勝利に飢えている。欲求不満なんてもんじゃない。 そこで、脳内出資馬でフラストレーションを晴らしている。 いわゆる、POGだ。