【ヴェリズモ】前輪駆動でダート1200mをぶっこ抜く

1月6日(月)

【社台】

<牡馬>ヴェリズモ 、父シンボリクリスエス、美浦・加藤征弘厩舎

中山4レース(ダ1200m)ミナリク騎乗

上のヴェリズモの写真を見て気になることがある。

前がよく発達している。

肩の周りの筋肉がよくついていて、アメフト選手にようだ。

それに引き換え、後ろはやや寂しい。

言ってしまえば、バランスが悪いのだけれど、ダートの1200mを走るのだったら、この体形でいいんじゃないか。

そう思う。

試みにJRAのダート1200mの重賞、カペラステークスの勝ち馬2頭の馬体写真を下に並べてみた。

コパノキッキング
ノーザンリバー

2頭とも前の発達が著しい。

いわゆる前輪駆動タイプだ。

こんな逆三角形の馬体の馬がダートの短距離馬なのだろう。

ところで、ヴェリズモの鞍上のミナリク騎手は2014年に初来日して、2018年は9勝、2019年は11勝と徐々に勝ち数を増やしている。

日本競馬に慣れてきたので、社台サラブレッドクラブのデビュー馬を任せることができるのだろう。

ヴェリズモは母父がディープインパクト。

この点でも大いに注目している。

月曜日はどんな走りが見られるか、非常に楽しみだ。

1月3日(水)は坂路コースで追いきって、53.8-39.4-26.1-13.5秒の時計をマークし良い動きを見せていました。若干気負うところがあるタイプですので、スムーズなスタートを切ってスピードを活かしたいところです。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村