【アジャストザルート】新馬戦レース後のコメント

社台サラブレッドクラブのアジャストザルートは7月21日(日)中京5R・2歳新馬(芝2000m)戦)にデビューして5着でした。

前目で積極的なレースを、との調教師の指示でしたが、ゲートで出遅れて万事休す。

後手後手に回って掲示板確保がやっとでした。

今年の2歳はサンデーサラブレッドクラブが出遅れていますが、社台も勝ちあぐねています。

競馬で1つ勝つことの重みを最近、強く実感しています。

アジャストザルートはひと息入れて秋に備えるとのこと。

ゲート練習を重ねて、まずは目の前の1勝を全力で取りに行ってもらいたいと思います。

斎藤新騎手:「調教から跨っていて、スパッと切れるタイプではないとみていたので、早めで流れに乗っていこうと思っていました。ですが、きょうはゲートの開いた音に反応して、立ち遅れてしまいました。その後は腹をくくって馬群のなかで進めていきましたが、追ってからジリジリと脚を使ってくれたのは、この馬の力だと思います。稍重の馬場に関しても、マイナスではなかったように感じました。きょうはしっかりとした競馬はできたので、今後に生かされていくといいですね」
池添学調教師:「ゲートの練習と試験では速く出ていたので、前めの競馬を騎手にも伝えていました。それができなかったのですが、競馬の内容としては悪くなかったですし、こういう競馬を経験した上積みは十分にあると思います。タイプ的には広い馬場で伸び伸びと走らせたほうがよさそうなので、このあとは秋に備えたいと考えています」

社台サラブレッドクラブのホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村