現在首位。中内田厩舎が確変中。

2019年のJRA開催も早くも1か月経過した。 騎手や厩舎の今年の傾向は、1月の動向でだいたいつかむことができる。 ルメール(11勝4位)、M・デムーロの(10勝9位)年明けの出遅れはいつものこと。 短期免許のマーフィーが首位(17勝)はある意味、当然。 現在売り出し中のアイルランドの天才ジョッキーだから、日本勢は歯が立たない。 注目のリーディングトレーナー争いだが、去年のリーディング藤原師(7勝、2位)を抑えて、中内田師が首位(9勝)に躍り出た。 特に先々週(1月19・20日)、先週(1月26・27日)の驚異的な活躍は目を疑うほどのものだ。 (7,2,0,1)で、連対率が何と9割で1回しか連を外していない。 中京の1000万下大須特別で6番人気のペルペトゥオが5着だった以外、全部馬連馬券にからんでいる。人気も5番人気以内の馬でパーフェクト連対を飾っている。 https://db.netkeiba.com/trainer/01137/ 去年は45勝で9位。 1月末時点現在で9勝ということは、単純計算でこのまま勝ち星を伸ばしていけば、年間100勝越えも夢ではない!? ともあれ、中内田厩舎は現在リーディングを狙える位置にある。 1口馬主でも、馬がわからなければ、目つぶって中内田厩舎の馬に行けば、ハズレをつかむことはない。 当然、人気するだろうが、古参の会員は厩舎で選ぶ人が多い。 池江、藤原、矢作、堀、藤沢に加えて、中内田も候補に入れてくることは必定。 中内田師のもとへ、どんな馬が預託されるか、楽しみでならない。 ちなみに、去年の募集馬ヴァリディオルの2017(牡馬、父、ブラックタイド)はこの中内田厩舎預託予定。 出資者の期待値は膨らむばかりだ。 👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
<img alt="" p=""