マゾヒストの快感。ドナウデルタ未勝利快勝。出資馬1年半ぶりの勝利。

スポンサーリンク

今日(9月289日)の阪神2レース未勝利戦で、出資馬のドナウデルタが鮮やかな勝利を飾った。
スタートで出遅れて心配したけれど、直線、脚が違った。
2017年4月のG1サラブレッドクラブ所属ラレータの勝利以来、実に1年半も愛馬の勝利から遠ざかっていた。
このまま、一生勝てないのではないか。
そういう疑心暗鬼に駆られたこともある。
やはり1口馬主で愛馬の勝利は格別。
胸の中でこれまで溜まっていたものが、ドナウデルタの末脚とともに爆発した。
勝てないと、不甲斐なさや惨めさでいっぱいになって、自分を責める。
それが、未勝利戦でもひとたび勝つや、
不安や不快感が一気に晴れて視界良好になる。
マゾヒストの快感というのは、こういうものだ。
ルメール、石坂師と厩舎ならびに牧場関係者のみさなん、ありがとうございます。
ライバルに名ざしして先に勝ちあがったルガールカルム。待っていてください。
いつか対戦させてもらいます。
競馬史に残る名勝負を期待して。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする