留飲を下げる~武豊、ワールドオールスターJ第1戦を因縁のアドマイヤオーラの子で制す

スポンサーリンク

ワールドオールスターJが札幌競馬場で本日(8月25日)開幕した。

武豊が燃えた。

世界の凄腕ジョッキー相手に燃えた。

6番人気の低評価を覆してアイファープリティを優勝に導いた。

父がアドマイヤオーラ。

武豊因縁の、あの馬だ。

2007年の皐月賞で圧倒的1番人気に支持されながら、4着に惜敗。

このときの武騎手の消極的な騎乗がヴィクトリーの逃げ残りを許したことで、オーナーの近藤利一の怒りを買った。

次走のダービーでは、武豊はアドマイヤオーラから降ろされて、岩田騎手に乗り替わりとなった。

(ダービーではアドマイヤオーラは4番人気3着)

ワールドオールスターJの騎乗馬は抽選で選ばれるのだが、それにしても、武豊はよくアドマイヤオーラの子のアイファープリティを引き当てた。

そればかりか、そのアイファープリティが勝ってしまうのだから、競馬は面白い。

言い方を間違えた。

そのアイファープリティを勝たせてしまうのだから、武豊は本当にたいした男だ。

レースでは、アイファープリティはスタートよくポンと飛び出したが、周りの馬がハナを主張して、競り合うと見るや、スッと下げる。

この辺の呼吸がうまい。

そして、最終コーナーで外まくりで、一気に差し切ってしまう。

胸がすく、とはこういう勝ち方だ。

因縁の馬の子で勝つ。

こんなドラマがあるから、競馬は面白い。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング