【素朴な疑問】なぜ、きょうだいで同じ日に競馬を使うのか?

スポンサーリンク

前から疑問に思うことがあった。
きょうだいで同じ日に競馬を使うことが多いような気がする。
しかも、 同じ競馬場で違うレースを走る。
最近では、7月29日の例。
シェーングランツ(札幌5レース新馬戦)と姉のソウルスターリング(札幌11レース、G3クイーンステークス)が
同じ札幌競馬場で走っている。
理由を考察してみた。
①輸送の関係。同じ厩舎のきょうだい馬は顔なじみで、互いの相性が合うケースが多く、同じ馬運車で輸送するのに、ストレスを減らすメリットがある。
②きょうだいは遺伝的に仕上がる季節や時期に似た傾向にある。
③なんとなく、きょうだいだから一緒に使おうということ。それ以上に深い意味はない。
④単なる偶然。年に何回も走っていれば、出走するのがきょうだいで同じ日に重なることがある。
みなさんは、このうちどれが正解だと思いますか?
それとも、他に何か理由があるのでしょうか?
ネットの質問サイトで聞いてみることにします。
結果は改めて報告させてもらいます。

お知らせ。
ブルーチーズアイスのレシピと実食レポを「冷たいスイーツを熱く語るブログ」に上げました。
よろしくお願いします。

http://coldsweetstalk.com/

今日、台風の中、埼玉県の越谷レイクタウンの「ご当地かき氷」に行ってまいりました。
面白いかき氷が集結していて、中でも「カレー味のかき氷」が一番、
個性的でびっくらこいた味でした。
こちらのほうも近日中に「冷たいスイーツを熱く語るブログ」にUPする予定ですので、
よろしくお願いします。

http://www.aeon-laketown.jp/mori/event/event_e91749.html

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする