【リリーピュアハートに運命的なものを感じる】ディープ急死のタイミングでデビュー。

8月4日(日)

【社台】

<牝馬> リリーピュアハート、父 ディープインパクト、栗東・藤原英昭厩舎

新潟5レース( m)戸崎圭太騎乗

リリーピュアハートの全兄セントレオナード (牡馬、2016年生まれ、父ディープインパクト) は先日函館で2勝目をあげた。

2着馬に0.5秒差。遅れてきた大器を思わせる、強い勝ち方だった。

このセントレオナードは1口300万円。

募集時、確かにいい馬だと思ったが、この値段では庶民の私にはとても手が出ない。

妹のリリーピュアハートは1口200万円で、ディープインパクト産駒の良血牝馬が軒並み175万円の相場からすると、かなり割高の価格設定だ。

兄の勝ち方からすると、この高額設定はやはり出来がかなりいい、ということを示唆している。

先日、父のディープインパクトが急死して、全国の競馬ファンを嘆かせた。

このタイミングでデビューするのは、何か運命的なものを感じる。

ぜひ初勝利の報告を亡き父のもとに届けたい。

7月31日(水)に福永騎手が騎乗して芝コースでサッと追い切られ、5ハロン68.6-51.4-37.5-12.6の時計を併走でマークしました。デビューに向けてきっちり仕上がっており、さっそく好レースを期待しています。

社台サラブレッドクラブの公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村