【グレーフェンベルク】調教師、騎手の敗戦の弁

G1サラブレッドクラブのグレーフェンベルクは10月6日(日)京都・新馬戦(ダート1800m)に出走し、12着でした。

レースはまったくいいところがありませんでした。

騎手や調教師のコメントは、なんだか取ってつけたような慰めの言葉で、あまり響いてきません。

ただ、唯一「芝・ダートのどちらにも対応できそうです」というミルコの言葉が希望です。

芝で一変を期待しましょう。

「まだ緩さを感じますし、子供っぽさをだいぶ残していますね。これから少しずつ良くなってくるのではないでしょうか。ダートの走り自体は悪くなかったです。調教での印象通り、芝・ダートのどちらにも対応できそうです」(ミルコ・デムーロ騎手)
「トモが緩く、これからの馬ですね。ただ、乗り味はいいものがあります。使いつつ成長してくることを期待しましょう」(浅見助手)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

p>👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村