【ヴァイスリヒト】勝負強いゴールデンサッシュの一族にハービンジャー産駒の堅実味が加わる

8月4日(日)

【G1】

<牡馬>ヴァイスリヒト 、父ハービンジャー 、栗東・木原一良厩舎

小倉5レース( 芝1800m)北村友一騎乗

ヴァイスリヒトは、おばにレクレドール、おじに ステイゴールドがいるゴールデンサッシュの一族 。

この一族はオルフェーヴルを筆頭に活躍馬が多数輩出し、大きく枝葉を広げている。

特徴は、ムラっけがあるものの、ここ一番で勝負強さを発揮する点だ。

この特性にハービンジャーの堅実味を加えた本馬ヴァイスリヒトはどんな競馬シーンを演出するか、楽しみだ。

以前はクラブのコメントで「攻め馬に関しては、もうちょっとピリッとした感じが出てきて欲しいところです」「追い出してからはモタモタした感じ」 など気になるマイナス点が指摘されていたが、じっくりと乗り込みを重ねた結果、懸念材料は払しょくされたようだ。

木原師も「どのような競馬ができるか楽しみです」とおっしゃっている。

日曜日の本番を楽しみに待ちたい。

本日7月31日(水)は坂路コースで追い切って、54.5-39.3-25.6-12.7秒の時計をマークしました。
「坂路・単走で追い切り、幾分馬場が重たかったのですが、しっかりと動けていました。なかなかダイナミックな走りをしますし、本数を重ねて、いい仕上がりになったと思いますので、どのような競馬ができるか楽しみです」(木原調教師)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村