【トランシルヴァニア新馬戦接戦を制す】レース後コメント

サンデーサラブレッドクラブ所属のトランシルヴァニアは7月20日(土)福島5R・芝1800m戦に出走し、社台サラブレッドクラブのセクシーフェイスとの激しい叩き合いを制し、嬉しい新馬戦勝利を収めました。

管理調教師の田中剛師はこの勝利でJRA通算100勝目となりました。

先行馬が多頭数ひしめく展開となり、勝ったトランシルヴァニアは集団を見ながら、揉まれずにじっくりと自分のペースでレースを進めることができました。

三浦騎手の好判断です。これが勝因の1番目。

直線は苦しい位置取りから、合わせ馬の形でセクシーフェイスに闘魂を注入してもらいながら追い出すことができた。これが勝因の2番目です。

久々に手に汗握る白熱したレースを見ることができました。

いいレース、見応えのあるレースを見られて、感情移入ができるのは1口馬主冥利に尽きます。

これでサンデーサラブレッドクラブの2歳新馬勝利は2頭目ですか。

ブルトガングのことがあるから、実質2歳馬は勝ち上がりがまだ1頭。

もうクラブは少し馬力を出してほしいですね。

ともあれ、トランシルヴァニアの出資者のみなさん、POGで指名された方々、馬券をゲットしたぜというファンのみなさん。

おめでとうございます。

今後も期待してます。

三浦騎手:「スタートがモコモコしていたので1コーナーであえて馬と馬の間に入れてシャキッとさせようと思いました。その狙い通り、スイッチが入り、ある程度は真面目に走ってくれました。それでも道中は抜くところがありました。ただ、エンジンがかかってからは反応よく、いい脚を繰り出してくれました。まだ弱さが残っていますが、現時点でこれだけ走れるのですから将来が楽しみです」と話しています。
田中剛調教師:「まわりに馬がいないとハミをとらないようだったので、馬群に入れたようです。まだ成長の余地を残していますが、2歳の7月にいい勝ち方ができてよかったです」

サンデーサラブレッドクラブホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村