【ジュエルタワー】中山芝巧者の田辺騎手騎乗は心強い。

9/15(日)

【社台】

<牝馬> ジュエルタワー、父 クロフネ、美浦・尾形和幸厩舎

中山 5 レース(芝1600m)田辺裕信騎乗

ジュエルタワーに騎乗する田辺裕信騎手は中山巧者の印象がある。

騎乗馬をスムースに好位置につけ、逃げ、先行させて粘りきる。

そんなイメージがある。

そこで、2014~2018年の東京コースと中山コースの同騎手の成績を調べてみた。

データは「回収率に特化した競馬データベース  パンダズ競馬」から引用させていただきました。

https://db-keiba.com/jockey-tanabe/#surface_18

すると、予想通り、田辺騎手は中山が得意なことが判明した。

中山芝コースでは勝率12.7、東京芝コースの勝率8.0よりも優位が明らかだ。

単勝回収率は中山90に対して東京は70とこれも同様。

ダートコースでも中山の勝率12.5に対して東京は10.6と明白。

単勝回収率は中山86に対して東京は85とこちらは微差で、なんとも言えない。

ともあれ、田辺騎手は中山芝コースの信頼度が高いということははっきりしている。

このデータは中山の芝1600mで田辺裕信を鞍上にデビューするジュエルタワーには心強い数字となる。

馬の状態は下のコメントで「動ける状態にあ」 るとのこと。

あとは田辺騎手に動かしてもらいましょう。

9月11日(水)ウッドチップコースで追い切り、5Fから67.6-53.0-39.1-12.9秒をマークしました。3頭併せで一番後ろから追走し、ラストは半馬身ほど先着しています。尾形和幸調教師は「まだ細身に映りますが、動ける状態にあります」と話していました。

社台サンデーサラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村