吉田照哉の予見。ロードカナロア産駒活躍の陰にはStorm Catの血あり。

社台サラブレットクラブのホームページの写真を見て、「お、これはいい馬体」と思ったのがミッドナイトラヴ。


12月16日(日)の阪神6レース新馬戦出走予定の2歳牝馬だ。
血統を調べると、ロードカナロア産駒だった。

いい馬体というのは、つまるところ、自分の好きな馬体ということ。
いい馬体、好きな馬体だから走るかと聞かれたら、それはわからない。
じゃあ、なぜいい馬体、と思うのか。
それがやっとわかった。
私がいい馬体と思って出資した馬は Storm Cat の血が入っている。

いいと思った馬の筋肉の質感の背後にある Storm Cat の血脈に対して、無意識に反応している。

ミッドナイトラヴを見たときの感覚で、いま、それがわかった。

アリゾナジャガー(母父にStorm Cat)未勝利
エスケープマジック(母父にStorm Cat)オープン
レッドルーファス(母父父にStorm Cat)1600万下
オルファクト(父ロードカナロアの母父にStorm Cat)未勝利
ドナウデルタ(父ロードカナロアの母父にStorm Cat)500万下現役

Storm Cat  が入ると、はちきれんばかりの筋肉あふれる馬体で弾力性に富む。どちらかと言うとダート適性が強い。
ただ、ロードカナロア産駒はアーモンドアイやステルヴィオのように抜群の芝適性を示す。

私がロードカナロア産駒に目がいき、2年続けて出資することになったのも、せんじ詰めれば、そんなStorm Cat の血統背景に反応しているのかもしれない。

繰り返すが、いい馬体は即ち、自分の好みの馬体。
それじゃあ、好みの馬体が走るか?
アリゾナジャガーからオルファクトまで引退した4頭のうち、2頭が勝ちあがり。
2頭がオープンと準オープンだから、成績はそこそこ残せていると言っていいのではないだろうか。

ドナウデルタは来年のシンザン記念に出走する予定だ。

もし、ここで結果を出すようなことがあれば、私のStorm Cat センサーはモノホンかもしれない。

選馬で大切なのは、「自分の馬体の好み」。
それじゃあ、感情や主観が入ると言って選馬の基準から退けるのではない。
なぜ、その馬が好みなのか、血統背景などから考えてみることが大切だ。

そうすると、好みの理由(私の場合はStorm Catの血)があぶりだされてくる。

無意識を意識化する。好みの潜在意識を「見える化」する。

選馬では、この作業が重要だ。

ここまで勢いよく書いて、アレなんだけれど、冒頭であげたミッドナイトラヴ。
好みの馬体ではあるけれど、これが新馬で勝つか、と問われれば心もとない。
出資者の方すいません。

相馬はそんなに単純じゃない。

追記.

この記事を書き終えたあと、ネットで Storm Cat でググったら、面白い動画を見つけた。

「吉田照哉がストームキャットの肌馬について語る『競走成績が悪くてもポテンシャル持っている』」だって!!

やっぱり照哉さん凄い。

現在のロードカナロア産駒の活躍を予見している。

https://www.youtube.com/watch?v=wsI9ozi_I8M

追記の追記

「Storm Cat  が入ると、はちきれんばかりの筋肉あふれる馬体で弾力性に富む。どちらかと言うとダート適性が強い。」

と本文にあるのは誤り。Storm Cat が母系に入ると芝で大活躍する。

母父Storm Catで調べたら、芝でとんでもなく活躍している馬が目白押し。

うっかり書いて、赤っ恥をかいてしまった。ご容赦ください。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング