底なし沼に落ちてゆく~社台サラブレッドクラブ3歳馬オルファクト引退

スポンサーリンク

私の出資馬の3歳オルファクト(父.ロードカナロア)は去年の暮、中山で未勝利戦で8着に敗れたあと、故障続きだった。

まず、左前肢第1指骨部分骨折

これが治りかけたと思ったら、右後肢の繋ぎ部分に軽度の骨折

次に、左前球節部分に骨膜

まさに踏んだり蹴ったりだった。
そして、ついに8月15日、引導を渡される日がきた。

「山元TCの獣医師がレントゲン検査を行ったところ、今年1月に骨折した左前肢第1指骨の周りに大きな骨膜増勢があることが認められました。加えて爪の痛みも残っていることから、4回中山開催出走を目指してこれ以上進めていくことはできない状況です。
未勝利馬である本馬はきわめて厳しい状況下にあります。(中略)高柳調教師とも協議の結果、この時点で本馬の引退を決定いたしました。」

半ば覚悟をしていた。むしろ、引退の判断は遅きに失していたといってもいい。

これで、2017年の出資馬2頭はマルケッサとともに未勝利引退。
複数出資して、すべて勝てないという年は初めてだ。

現役の出資馬も、もう1年以上勝てていない。

底なし沼に引きずられて、どこまでも落ちてゆく感覚だ。底は見えない。

一方、日銭稼ぎの仕事は極めて順調。だから、精神の均衡は保たれている。

全弟のフゼアノートは、前日2歳新馬戦にデビューして10頭立てで10着。
母、ブーケフレグランスは名牝ダイワスカーレットの妹だが、この繁殖は能力的にダメかもしれない。

私の1口馬主運はどうなる?

この潜水艦は浮上せずにこのまま海底の鉄屑となってしまうのか!?

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

一口馬主ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする