【出目馬券炸裂】チューリップ賞、オーシャンS2発的中!

3月6日のこのブログにて出目馬券で当てる方法について書いた。

簡潔に説明すると以下の方法だ。

その日の競馬場で1レースの枠連馬券の2つの数字のうちの最低1つの枠が当該競馬場のメインで枠連にからむというものだ。

つまり、1レースとメインの11レースの枠連が連動するという出目論だ。

この方法で2月の東京、京都、小倉の各競馬場で馬券を買った場合のシミュレートした記事が以下のものだ。

(1)出目買いは流行らない 私は父親から競馬を教わった。 当時の馬券は単勝、複勝、枠連の3種類だけで、いまのように馬連、3連複...

本日(2020年3月7日)の中山11レースのオーシャンステークスと阪神11レースのチューリップ賞でこの1レース→11レース連動馬券で決まった。

中山の場合、1レースで1-1のゾロ目で1の目が強い。

メインのオーシャンステークスでは1枠に1番ダノンスマッシュ(1番人気)と2番タワーオブロンドン(2番人気)の人気馬2頭が入った。

これは固いと思っていたが、ダノンスマッシュのほうで決着した。

やはり出目論は強い。

阪神のチューリップ賞では1番人気のレシステンシアがこけて4番人気→3番人気の決着で枠連2240円とおいしい配当となった。

この日、中京は連動しなかったが、3場(中山・阪神・中京)のうちの2場(中山・阪神)で出目馬券で決まった。

出目はオカルトだけれど、なかなかあなどれない。

これからも、出目馬券に注目だ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ