【アンティシペイト】新馬戦レース後コメント

G1サラブレッドクラブのアンティシペイトは8月18日(日)札幌・新馬戦(芝1800m)に福永騎手でデビューし勝ち馬から1馬身半差の2着でデビュー戦を終えています。

レースはうまく逃げて、踏ん張った。

勝ったホウオウピースフルが強かった。ホウオウーはブラストワンピースの下。

今日、兄が札幌記念に勝って、きょうだいで札幌のレースに勝利したことになる。この血統は走る。

ともあれ、先に行ってしぶとく逃げ粘る。

これがルーラーシップ産駒の競馬。

これで目鼻が立った。

次走は確勝級間違いない。

福永騎手:「ゲートは驚いて頭を上げてしまい、少し遅れたのですが、二の脚はしっかりとついて、ハナに立ちました。元々跨った感触から、前に行った方が良いタイプだと思っていたので、逃げの戦法をとりました。道中はスムーズに折り合い、デビュー戦ということもあり、ちょっと物見をしていましたが、気合いをつけて4コーナーで動いて突き放しにかかるも、勝ち馬にだけ楽についてこられてしまいました。こちらも最後までバテていないですし、良く踏ん張ってくれましたが、今日は相手が強かったですね。全体的にまだ成長途上で、これから良くなってくる馬です。次走以降、一度レースを経験したことで、力むことが無ければ、逃げた方が良いでしょう。そこまでビュッと切れる感じはなく、好位馬群からとなると少しハミを噛んで右に張りそうな雰囲気があります。1800m・2000mから2400mの距離で、コーナー4つで逃げる戦法が合っている印象です」
国枝調教師: 「ゆっくりとしたペースを作ってくれましたが、勝ち馬が強かったですね。とりあえずは札幌競馬場に滞在させたまま様子を見て、美浦TCに移動させるか、そのまま放牧を挟むかを検討したいと思います」

G1サラブレッドクラブノワ公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村