【エイリアス】気難しくて反抗的も、札幌ではそういう面は出していない。

7月27日(土)

【サンデー】

<牡馬> エイリアス、父 ロードカナロア、栗東・浅見秀一厩舎

札幌5レース( 芝1500m)柴山雄一騎乗

母の コードネーム (1999年生まれ、父サンデーサイレンス)は 3勝 。

母の弟はハットトリック (牡馬、2001年生まれ、父サンデーサイレンス) 7勝、

マイルチャンピオンS(G1)、香港マイル(G1)優勝)、だからエイリアスは甥にあたる。

このような血統背景を持つ本馬だが、母コードネームの産駒で一番勝ち星が多いのはコーディリア (牝馬、2009年生まれ、シンボリクリスエス) で、3勝だから、正直ワンパンチ足りない。

父がいまをときめくロードカナロアに代わって、どうでるか。

気になることがある。

最近、この馬、人の言うことを聞かなくなっている。

5月3日のクラブホームページのコメントで、「最近になって気の強いところが目立つようになりました。指示に対して従順ではないときがあるため、人に対する集中力がほしいところです。」とある。

気が強いのが勝負根性の強さにつながればいいのだけれど。

7月3日のコメントには「気難しい面は残っています」。

そして7月10日には「調教助手は「気の悪さは残っており、ステッキを入れながらの追い切りでした」。

う~ん、ちょっと心配だぞ。

でも、7月24日の最終追い切りのときには、柴山騎手は「函館のときは馬場入りを嫌がるなど、かなり気が悪かったですが、札幌ではそういう面を出していません」と、落ち着いてきたようで、「しっかり動けてい」るとのことなので、よかった。

調教助手も「馬体が引き締まってきました。気難しくてもキャンターの動きはいい馬です」と言ってくれて、心配は杞憂(きゆう)であってほしい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村