【アイムポッシブル】新馬戦レース後のコメント

サンデーサラブレッドクラブ所属のアイムポッシブルは7月14日(日)中京6R・芝1200m戦にデビューして4着でした。

大敗はしていないけれど、やはり芝の1200mを選んだことに疑念が残るレースでした。

ちょっと忙しすぎる。

芝でももう少し長いほうがいいのではないか。そう思いました。

これは下に引用した藤岡騎手のレース後のコメントにも同様の指摘がありました。

小崎調教師は続戦しないという意向。

小倉だとダート1700m戦になるから、という理由。

むしろダートのこれぐらいの距離のほうがいいのでは?

師はあくまで芝にこだわるようです。

この馬を一番間近で見てきた調教師がそう言うのだから、間違いはないでしょうが。

当面、師を信じて芝での勝ち上がりを期待します。

藤岡佑騎手:「乗り味はいいですが、芝よりもダートがあっていると思います。エンジンのかかりが遅かったけれども、真面目に走っています。牝馬なのにカリカリしていないところがいいですね。距離はもう少しあった方がいいです」

小崎調教師:「ゲートも出ていたし、芝でも内容として悪くなかったです。使ってよくなりそうですが、小倉だとダート1700m戦になるので、いったん放牧に出して秋を待つことにします」と話しています。

サンデーサラブレッドクラブ公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

コメント

  1. ゆやゆる より:

    調教師は次ダート使いたいと思ってるよ。本来、使いたかった中京ダート1400mを除外になって、でも一度実戦を経験させたかったから、この芝のレースを使ったまで。
    つぎの小倉開催のダートだったら1700mになるから、いったん放牧して、本馬にあった番組がある秋に備えましょう(意図を汲むと阪神のダート1400mあたり)と言ってるんです。

    • トンボの眼鏡 より:

      情報、ありがとうございます。クラブレポートを丹念に読んでいませんでした。
      7月6日(土)中京・ダート1400m戦へのデビューに向けて進められています、と7月3日に書いてありますね。
      すいませんでした。
      アイムポッシブルはダートを使えば必ずや勝ちあがってくれると思います。
      ダート戦では応援させてください。