【グラマラスマリー】新馬戦レース後コメント

社台サンデーサラブレッドクラブ所属のグラマラスマリーは7月20日(土)中京5R・芝1600m(2歳新馬戦)にデビューして、勝ち馬から0.4秒差の4着でした。

ゴール前、騎手は手綱を緩めていたが、これは12番クリスティが内側に逃避して不利があったことによるもの。

レースぶりは、終始、積極果敢に行って、最後まできわどく、初戦にしてはよかったかなと思います。

やはり、前進気勢の気性は父のダイワメジャー譲りのもので、馬体といいレース運びといい、今後に期待が持てる印象を受けました。

浜中騎手のコメントにもあるように、ダートもこなせるともこと。

今回の競馬は負けはしましたが、今後につながる意味でいろいろと収穫があったかな、と個人的には思いました。


浜中騎手:「最終週で馬場が緩くなっていましたが、本馬には合っていました。ただ伸縮が足りない馬で伸びたままは走っており、終始ワンペースで手先に軽さがみられません。現状では渋太さを活かすのが合っており、距離は延びたほうがいいでしょうし、ダートもこなせると思います。ゴール前で不利がありましたが、あれがなくても着順は変わっていなかったでしょう」

千田調教師:「初戦としては頑張ってくれました。一度使ってピリっとするでしょうし、馬の状態をみながら今後を決めさせてください」

社台サラブレッドクラブ公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村