ネットでの親切が仇(あだ)になった話

「したらば掲示板」の旧1口馬主掲示板で、かつて私は社台・サンデーの会員とこんなやりとりをした。

あれは2013年の募集時期だから、6月のことだったと思う。

某名無しさんの、こんな書き込みがあった。

マンティスハントの2012(父ダイワメジャー)という1口80万円の馬をほしいという。

ところが、自宅が落雷にあって、パソコンなど電気機器がすべて壊れて、買い替えの費用がかさんで、希望する馬を買うことができないという。

落雷によるこのようなケースの場合には火災保険が適用される。

私はこのような情報をすぐに書き込んだ。

先方は感謝のレスを書いてくれた。

実績しだいだけれど、これでこの人は欲しかった馬に出資できる。

自分は「いいこと」をした。そう思った。

この一件があって、この馬、マンティスハントの2012が気になって、ずっと競走成績を追いかけた。

マンティスハントの2012はインターセプターと名付けられて、調教を積んだが

なかな仕上がらず、デビューは3歳の5月になってからだった。

新潟の未勝利戦(芝2000m)を荻野琢真騎手でデビューをして、15頭中13着。

次走は6月の阪神未勝利戦(ダート1800m)は出走取り消しで、8月の小倉競馬場の未勝利戦(芝2000m)で14着に敗れて、中央抹消。

その後はオークションにかけられて地方馬主へ転売された。

この馬は1口80万円だけれども維持費を含めれば100万円以上の赤字を計上したことになる。

私が親切のつもりで火災保険の情報を提供して、かえって余計な出費を先方にもたらすことになり、仇(あだ)になった。

「下手な親切大きなお世話」の典型だ。

もし、あの書き込みをされた方が、いま、この文章を読まれているのなら、謝りたい。

余計なことをして、本当に、すいませんでした。

ギャンブルは自己責任と言うけれど、同じギャンブル仲間に対する接し方は、いつも悩む。

以前、パチンコにはまっていたときに、隣に座っていたおばさんが、いくら台に突っ込んでも大当たりが出ないということがあった。

それで愚痴をこぼしているときに、「もう少しがんばれば、そのうちきっと当たりがきますよ」と慰めた。

おばさんは、「優しいねェ」と返してくれたが、結局その台は当たりが来なかった。

このときも、安易に励ましたことで相手の損失を広げる結果となった。

本当に相手のことを考えるなら、「そんなに熱くならないほうがいいですよ」とでも言ったほうがよかったのかもしれない。

パチンコと社台・サンデーの1口馬主とでは、扱う金額が1ケタ、2ケタ違うからいっしょくたにすることはできないけれど。

いつもこのブログでは、読者のみなさんに「いつかは当たり馬がひけますように」などと書いているけれど、そんな社交辞令がいいことなのか。

自分自身について言えば、「毒を食らわば皿まで」という気持ちでこの趣味をやっている。

行く先が地獄でも、それを見てみようと思う。

そんなに必死になって力をこめなくても。この趣味はお金に余裕がある人がやるものですよ。

そう言って諭されることは重々承知しているのだけれど。

いま、ギャンブルのただ中にある。そう思ってこの空気を吸うと、大損しても妙に落ち着く。

自分は、まともな生き方をすることは、もうできない。

つくづくそう思う。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村