【社台・サンデー】いい馬名&イケてない馬名3選

(1)社台・サンデーの馬名が決定

社台サラブレッドクラブ、サンデーサラブレッドクラブの2歳馬の馬名が決まった。

巷では、馬名の珍名・バッドセンスな名前で盛り上がっている。

そこで、今回は個人的によいと思った馬名、変な名前のベスト3(ワースト3)を挙げてみたい。

あくまでも私個人の感覚で選んだものなので、みなさんのお気に召さなかったらごめんなさい。

(2)サンデーサラブレッドクラブでいいと思った馬名ベスト3

【第1位】ヴォルガ(牝馬、父ドゥラメンテ)

母のマザーロシアからの連想で命名。

シンプルで覚えやすい。

ロシアの母なる大地を流れる河ということなんだろうけれど、雄大なロシアの大平原を滔々(とうとう)と流れるイメージは美しい。

1頭のサラブレッドが生まれる、ということは父と母からの血の流れの合流という意味を持つ。これはまさに河の流れなんだよね。

走る馬というのは、上流から流れ出た血脈を受け継いでいる。これがさらに源流となって、いくつかの河に分かれて大きな水系をかたち作る。

サラブレッドは河なんだよね。

ヴォルガにはどんな人々を載せた船が航行するのだろうか。

船からの眺めはどんな風景を旅人に見せてくれるのか。

そんな期待感を持ってヴォルガのデビューを待ち望みたい。

【第2位】リーフラグーン(牝馬、父ドゥラメンテ)

リーフラグーン(Reef Lagoon)は環礁(かんしょう)という意味で、母名(パシフィックギャル)からの連想ということだが、美しい名前となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/環礁 より転載させていただきました

正直言って、母名パシフィックギャルはバッドセンスだろう。これは。

太平洋のギャルって何?

太平洋でTバック水着のギャルが海水浴しているイメージしかわかないんだけれど、これは想像力が貧困な自分のせい?

父のドゥラメンテも名前だけもればあまり関心しない。

意味不明だし、日本語としてドゥはどうなんだよ。どぅなんだよ、と思う。

リーフラグーン(Reef Lagoon)は熱帯の火山島の周囲にサンゴ礁が発達し、中央部分がプレートの沈みこみによって海水面下に沈降して形成される。

日本では沖縄の南大東島、北大東島がリーフラグーンの島なんだそうだ。

リーフラグーンで入ってきた賞金、馬券で当てた配当金でぜひ南のサンゴ礁の島にぜひバカンスに出かけてください。

【第3位】ディクテイター(牡馬、父 ルーラーシップ)

ディクテイター

3位が悩んだ。だってあまりいい名前の馬がいないんだから。

一応、名前の由来を書いておくとディクテイターは欧文でDictatorで、意味は独裁者。父名より連想とのこと。

なんだヒトラーか。意味的にはよくないじゃん、と言う人がでてくるだろう。

でも、ディクテイターってなんだか種牡馬っぽくね?

ノーザンディクテイターっていうと、アメリカの種牡馬で父がNorthern Dancer。

日本では産駒に タニノブーケ(デイリー杯3歳S[G2]),リキアイノーザン(阪神牝馬特別[G3],京都牝馬特別[G3]2回,中山牝馬S[G3]),アトムピット(函館3歳S[G3]),ポットナポレオン,イダテンターボ(七夕賞[G3]),キリノトウコウ(クリスタルC[G3]) などがいる。

オールドファンならおなじみの馬たちだね。

ディクテイターも活躍して種牡馬になりますか。

(3)サンデーサラブレッドクラブでイケてない名前の馬3選。

初めに断っておくけれど、以下の名前が「イケてない」馬たちは私の感覚ではなく、ネット掲示板の書き込みからピックアップしてきたもの。

(と言い訳して責任回避します)

パラパラと書いていきます。

①ブラックラテ(牡馬、父ブラックタイド)

ブラックラテ

Black Latte 黒いラテ。炭入りの真っ黒なコーヒーにラテアートを施した飲料。父・母名より連想。

って、なんでこれがイケてないんだよ。

私はけっこうカッコいいと思うぞ。

父母の両方の名前をしっかりとなぞっているし。

ブラックが名前の初めに付く馬は強そう。

②グレートマジシャン(牡馬、父ディープインパクト、母ナイトマジック)

グレートマジシャン

はっきりと言いましょう。はい、この名前はイケてないです。ベタだからです。

お前は引田天功か。

書いてしまったあとでこう言うのはアレなんだけど、私にはこの馬の名前を非難する資格がない。

私もかつて似たような馬名を応募して採用されてしまったからなんです。

エスケープマジック

エスケープマジック(牡馬、父Maria’s Mon)

エスケープマジック Escape Magic」は脱出マジックのことで、母馬のマジックストームからの連想で命名しました。

お前は引田天功か。

すいません。┌○ペコリ.

でも、聞いてください。エスケープマジックはダートでオープンにまで行ったのですよ。

なにせ、あのラキシスとサトノアラジン、2頭のG1馬の兄ですから。

当時はまったく無風でとれました。一次募集が終わっても売れ残っていたぐらいですから。

だから、グレートマジシャンも活躍すればいいんです。

走ってしまえばこっちのもの。

だって、サッカーボーイも初めはサッカー少年でしたから。

③リアンデュソン(牡馬、父キズナ)

リアンデュソン

「リアンデュソン」(Lien du Sang 血縁(仏)。父名からの連想、だそうでうす。

この馬を非難する人の理由はこうです。

外国人タレントのリア・ディゾンじゃねーか。

確かに似ていますね。

でも、リア・ディゾンはアメリカ国籍で、

英語のスペルは Leah Donna Dizon 。

でもって、リアンデュソンはフランス語(Lien du Sang)。

言語が異なるし、発音もぜんぜん違う。

馬●なのは、この馬の命名者ではなく、リアンデュソンとリア・ディゾンを同じに聞こえてしまう、日本人のほうなんです。

あらまあ、この馬を弁護しようと思ったら、集中砲火を浴びそうな展開になってきてかえって墓穴を掘ったみたいなので、今日はこの辺でおしまいにします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ