【ドゥラメンテ産駒に異変!】

●モーリスとドゥラメンテの種付け頭数比較

年度 モーリス ドゥラメンテ
2017年 265頭 284頭
2018 245頭 290
2019年 212頭 184

 上の表は何を意味するのか?

ドゥラメンテ産駒の種付け数は2017年の284頭から2019年の184頭へと100頭も激減している。2019年は2017年の64.7%に大幅減少。

対してモーリス産駒の種付け数は2017年の265頭から2019年の212頭で53頭しか減っていない。2019年は2017年の80%に留まっている。

これは何を意味するか?

生まれてきたドゥラメンテ産駒に欠陥が多発して、青ざめた生産者は種付け数を減らしたのか?

それともドゥラメンテの健康状態や受胎率に問題があるのか?

このモーリス産駒とドゥラメンテ産駒との種付け数の大きな違いについて、みなさんはどう考えますか?

種明かしは、3月4日(水)の本ブログにて。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ