【ラズルダズル】新馬戦レース後コメント

サンデーサラブレッドクラブのラズルダズルは8月25日(日)小倉5R・芝2000m戦(2歳新馬)に54kg北村友騎手で出走・デビューし、惜しくも2着と敗れています。

やはりスタートしてすぐに先行しました。ルーラーシップ産駒はこの戦法が似合います。

最後の直線で叩き合い、勝ったメイショウラツワンもルーラーシップ産駒。しかも、母父がアグネスタキオンというところまでラズルダズルと同じ。

つまり3/4同血というわけです。

地方の芝2000mという条件はルーラーシップ産駒に合います。1・2着したのは偶然というよりも必然です。

斎藤調教師は次走について、「今後は馬の状態をみて、どうするか決めさせてください」とコメントしていますが、気になるところです。

北村友騎手は「調教にも騎乗しましたが、その時よりも落ち着いて返し馬の状態も良かったです。道中もリズム良く走っており、最後も辛抱して勝ち馬に迫りましたが、もう少しでしたね。コーナー4回でしたが、まだ手前の替え方に慣れていないところがありました。でも問題にするほどではありません」。斉藤崇調教師は「レース前々日に移動させて、馬が落ち着いているのは良かったですし、到着後もカイバは食べていました。今後は馬の状態をみて、どうするか決めさせてください」と話していました。

サラブレッドクラブの公式ホームページより引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村