【スパニッシュアート】マイル戦デビューで戸田調教師の計算は如何に?

8月18日(日)

【G1】

<牝馬> スパニッシュアート 、父 フェノーメノ、美浦・戸田博文厩舎

新潟 5 レース( 芝1600 m)武藤雅騎乗

スパニッシュアートの母スパニッシュクイーン(2012年生まれ、父Tribal Rule) はアメリカンオークス(G1)の優勝馬。

母系にはStorm Bird⇒Storm Cat アメリカダート界から日本の芝コースにモデルチェンジする王道の血が入っている。

この成功パターンの母系にサンデーサイレンス⇒ステイゴールド⇒フェノーメノの底力+スタミナの父系がどう化学反応を起こすか。

いまのところフェノーメノ産駒は19頭デビューして、勝ち上がりは1頭。阪神の2歳未勝利戦でスリリングドリームが芝1600mを1:36.2のタイムで勝利している。

マイルの時計としては平凡だ。

フェノーメノ産駒がマイラータイプに出るとは思えない。

それでもスパニッシュアートのデビューは新潟マイル戦だ。

父のフェノーメノも管理した戸田師に思うところがあるのだろう。

好勝負を期待したい。

今日8月14日(水)武藤騎手を背にポリトラックコースで追い切りました。5Fから68.4-52.6-38.8-12.6秒の時計を併せ馬でマークしています。
「しっかりと動けていました。ジョッキーの感触も良かったです。目方は410kg台ですが、跳びがいいのでそこまで小さくは感じません。暑くなってきても体調は良好です。明後日(金)他の馬と一緒に新潟競馬場へと移動させます。普段から悪さをするわけではないものの、用心して前日は競馬場の環境に慣らしておきます。あとは相手関係にもよりますが、好勝負を繰り広げてもらいたいところです」(戸田調教師)

G1サラブレッドクラブの公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村