【フラーレン】新馬戦レース後コメント

サンデーサラブレッドクラブ所属のフラーレンは7月28日(日)札幌6R・ダート1700mでデビューし、4着でした。

最近、サンデー、社台のクラブ馬が2歳新馬戦で出遅れするケースが目立つようになった。

今日のフラーレンもゲートが開いてもボーッと突っ立ったまま、反応がなかった。

騎手のコメントでは、「ゲートでびっくりして遅れ」たとあるが、調教師はゲート練習をちゃんとやっているのか、と思ってしまう。

いい脚で追い込むも馬券圏内にからむことは叶わず、4着。

なにか悶々(もんもん)としたものが残るデビュー戦だった。

出遅れがなければ馬券圏内に確実に入ることができた。

次回はこの馬から勝負馬券を買ってもよさそうだ。

藤岡康騎手:「大人しくて扱いやすい馬ですが

、まだ競馬をわかっておらずゲートでびっくりして遅れてしまいました。道中は進んで行かなかったので促すと、2コーナーからはリズム良く運べました。最初に動かしたこともあり、途中で抑えるのも良くないと思ったのであの競馬になりました。長く脚を使って体力的に厳しいなか頑張ってくれました。良いモノを持っていると感じました」

サンデーサラブレッドクラブ公式ホームページから引用させていただきました。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村