【アジャストザルート】早くも逃げ宣言

7月21日(日)

【社台】

<牡馬> アジャストザルート、父 ジャスタウェイ、栗東・池添学厩舎

中京5レース(芝2000 m)斎藤新騎乗

アジャストザルートのきょうだいからは、ストロベリームーン (牝馬、 2014年生まれ、父キンシャサノキセキ) が出ている。中央現役馬で5歳で4勝している。

現在は3勝クラス(旧1600万下)に所属し、現クラスで2着、3着、3着、2着。もうすぐ勝ちあがってオープンが見えている。

ストロベリームーンを出すのだから優勝な母系であることは疑い得ないが、産駒は初仔から4頭続けて牝馬が生まれていた。

アジャストザルートが待望の牡馬で、期待は高まる。

2019年4月5日のクラブホームページで面白いコメントを見つけた。

「膝を高く上げて、少し前脚を振るような走りは祖父ハーツクライの影響を感じさせます。」

これは、デビュー戦の走りをますます見てみたくなった。

下にクラブホームページを引用させていただきましたが、池添調教師のコメントからすると、逃げるのかな。

いろいろな意味で楽しみなデビュー戦となりました。

本日7月17日(水)は池添学調教師が自ら跨り坂路コース併せ馬で追い切られ、半マイル52.3-38.0-25.1-13.0の時計をマークしました。池添学調教師は「飛びの大きい馬で、坂路よりもコースのほうが伸び伸びと走れている感じがします。それでも体重の重い自分が乗ってこの時計ならじゅうぶんですし、以前と比べて息の戻りも良くなっていますので、この馬の力を出せる態勢が整ったと思います。ゲートも速いほうなので、ジョッキーには積極的な競馬を期待したいです」と話しています。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村