【アーモンドアイの疑問】ドバイターフを勝てるのか?

いきなり挑発的なタイトルをつけた。

アーモンドアイがドバイターフを勝てるのか?

答えは決まっている。

YES。

では、何が疑問なのか。

アーモンドアイは今秋の凱旋門賞を照準にしている。

もし本気で凱旋門賞を狙うのなら、タフなコースのドバイシーマクラシック(芝2400m)に登録するはずだ。

ところが中距離のドバイターフ(芝1800m)に出走してきた。

アーモンドアイのジャパンカップでの圧倒的なパフォーマンスを見る限り、シーマクラシックでもいけそうな気がするが、陣営はあえて中距離のドバイターフを選択した。

それはなぜか。

これが今日書く疑問だ。

答えは簡単だ。

アーモンドアイは父ロードカナロアから考えて、やはり適距離はマイルから1800m。

ここは安全策をとって勝ちにきた、と考えていいだろう。

まずは目の前の確実な海外1勝を、という計算が働いた。

だから意地悪な言い方をすると、ここで勝っても、凱旋門賞で通用するかどうかはまだわからない。

もちろん日本馬初として凱旋門賞でのアーモンドアイの勝利を期待する思いに偽りはない。

ともあれ、今年はアーモンドアイにとって、いや、日本競馬にとって特別な年になることは間違いない。

ブログ主の成績はYouTube、「獲得賞金8千万円‗1口馬主、全成績を丸裸にする」をご参照ください。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村