【トゥーフェイスの評価】モーリス産駒は結局走るのか(社台編)

(1)社台サラブレッドクラブ募集のモーリス産駒2歳馬は4頭

2019年に社台サラブレッドクラブで募集されたモーリス産駒は以下の4頭だ。

()内が競走馬名

・マスクオフの2018(トゥーフェイス):牡馬、1口60万円、美浦・新開幸一厩舎

・レッドオーヴァルの18(ミニマリズム):牝馬、1口50万円、美浦・田中博康厩舎

・ラルシュドールの18(ベリエドール):牡馬、1口75万円、栗東・池江泰寿厩舎

ベリエドール

・フェイブルネージュの18(ブールアネージュ):牝馬、1口35万円、栗東・加用正厩舎

ブールアネージュ

1口35万円~75万円まで、比較的リーズナブルに設定されている。

(2)トゥーフェイスの馬体・血統評価

まずはトゥーフェイスの募集時測尺から。

体高153.0、胸囲169.0、管囲20.0、体重415

●1歳募集時の理想的な測尺基準

1歳募集時、胸囲172cm以上、管囲20cm以上、体重420~455キロ。

トゥーフェイスの測尺で理想的な基準値と合致するのは、管囲のみ。

馬体重415キロはまずまずだ。

最新(2020年3月6日)の馬体重は492kg。

順調な成長がうかがえる。これなら、馬体重に不安はない。

2019年12月21日撮影

少し古いが、全身がわかる直近の写真が↑だ。

繋ぎはややたち気味で、ダート馬かなあ、という感想。

このトゥーフェイスは1歳募集時の検討会でめがね君がお勧めした馬だ。

新種牡馬モーリスの牡馬で1口60万円はお買い得だね。(中略)2つ上の姉ルイジアナママは先日(5月12日)の3歳未勝利戦芝の1800mのレースで強い勝ち方をした。この母系はこれからブレイクする予感がある。今が先物買いだよ。

オークスは2着に社台ファームのカレンブーケドールが突っ込んできた。ようやく社台復調の兆しが見えた。今年は社台の馬に出資しようかな。 ...

めがね君はこんなセールスポイントを挙げていた。

ルイジアナママは2019年10月21日に2勝目を挙げて、現在は2勝馬クラス(旧1000万下条件)に在籍している。

祖母のビハインドザマスクが古馬になってから4連勝でセントウルステークスを勝ったように、この血統はもともと晩成なので、モーリスの晩成とあいまって、本格化するのは3歳秋以降とみている。

社台の育成も晩成型が多いので、案外、社台のモーリス産駒はサンデーのモーリス産駒よりもおもしろいかもしれない。

(3)調教動画からのトゥーフェイスの評価

2020年1月16日撮影

コメントは以下の通り。

気持ちが先行しがちな面は相変わらずですが、調教量に比例して走りに大分まとまりが出てきました。無駄な動きが減って四肢の力をしっかり推進力に変えられるようになってきた印象です。気持ちは前向きな本馬ですから、このまま体力が備わってくればグッと良くなってくれそうです。

2020年1月6日のホームページより引用させていただきました。

最近では筋肉の張りと艶がグッと良化していて、坂路コースでも手応え良くラストまで登坂できています。順調に体力強化が図れていることで、持続力と推進力兼備の動きができるようになってきました。まだ少し気持ちが逸りがちな面を残しますが、少しずつバランスがとれてきた印象です。

2020年2月7日のホームページより引用させていただきました。

この中間は週3日のペースで直線坂路コース(1000m)入りして、うち2日は2本登坂、ほか週2日は周回ウッドチップコースでキャンターを2000m、週1日はトレッドミル上でキャンターを消化というのが1週間の調整メニューです。

中間は坂路で2F29.8-14.8秒、29.9-14.2秒、30.2-14.7秒という時計を重ねてきました。乗り込み強化から、筋肉に少し硬さが感じられるようになってきたため、2月末の調教動画撮影後はいったん心身両面のリフレッシュ期間を設けています。視察に訪れた新開師からは「馬体にボリューム出てきて、コンディションの良さがひと目でわかります。寒い時期を上手く乗りきれたようで安心しました

2020年3月6日のホームページより引用させていただきました。

クラブホームページの調教動画は2020年12月13日と2020年2月28日の2回分がUPされている。

動画から元気いっぱいに駆け上がっている様子が見て取れ、体調の良さがうかがえる。

ただ、まだゆっくり仕上げているという塩梅で、早期移動、早期デビューという雰囲気ではない。

モーリス産駒のデビューは遅めという印象を持った。

速いところはまだやっていないので、動画から将来の可能性云々は判別がつかないというのが正直な感想だ。

(4)トゥーフェイスの評価まとめ

クラブホームページのコメントによると、筋肉の硬さ気持ちが逸りがちな面があるという課題が指摘されている。

ただ、この時期の幼馬で課題がまったくないという馬も珍しいので、これからの調整次第では改善される余地が大きいと考える。

晩成という印象なので、今後ともホームページで成長の様子を確認しながら、この馬については長い目で追いかけてゆきたい。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ