【ドゥラメンテ産駒のNO1は?サンデーサラブレッドクラブ募集】写真で比較

(1)サンデーサラブレッドクラブ募集のドゥラメンテ産駒は6頭

今日(2019年5月31日)、サンデー・社台サラブレッドクラブのホームページにて本年度募集馬のカタログ写真のPDFファイルがUPされた。

今日は、その一部を紹介させていただきます。

まずは、大方の関心があるドゥラメンテ産駒から。

基本データから紹介します。

(2)サンデーサラブレッドクラブ募集ドゥラメンテ産駒写真

関東馬4頭、関西馬2頭の合計6頭。牡馬4頭、牝馬2頭で、50万円~100万円と比較的リーズナブルに抑えられている。

牡馬は3頭が100万円で1頭が90万円。ウミラージの18だけが10万円安い。こういうのは悩む。この馬だけ出来が悪いんじゃないか、と勘繰ってしまう。

(3)低価格の今のうちに出資したい

初年度産駒でレースでの実績が加味されていないために、価格が抑えられている。

ロードカナロアのように、産駒からいきなりG1馬を次々に出すと、産駒の価格は途端に跳ね上がる。

ドゥラメンテ産駒に出資するなら、ギャンブル性を伴うが、値段の安い今のうち。

そう考えている会員の方も多くおられるかと思う。

だから第一希望数は多くなり、4年間実績のボーダーも上がり、争奪戦となることは見えている。

(4)ドゥラメンテ産駒の特徴

わずか6頭からドゥラメンテ産駒の特徴を推し量るというのもどうかと思うけれど、この6頭の写真を見ての感想を書かせてもらいます。

第一に、バランスがいい馬が多い。

こうして同じ産駒の馬を並べてみると、比較しやすい。

マザーロシアの18だけ、痩せていて貧相に見える。

以前、このブログで1歳時の募集写真でスマートに見える馬は不可ということを書いた。

ただ一概に言えない。生まれ月が1月2月の早生まれでスマートは避けたほうがいい。マザーロシアの18は5月6日の遅生まれということもあって、ことさら幼く小さく見える。

これからの成長で馬が変わってくるので、この写真だけでの判断は慎みたい。

ドゥラメンテは父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、母父サンデーサイレンスという血統で、上にドゥラメンテ1歳募集時の写真を掲げた。

産駒のどれも似ていない。イプスウィッチの18が肉付きの良さや全体的な雰囲気としてドゥラメンテの父、キングカメハメハの血を彷彿(ほうふつ)させる。というか、キングカメハメハ産駒に似ている。

やはりこの6頭の中で馬体はイプスウィッチの18が頭一つ抜けている。この馬がドゥラメンテと同じ堀厩舎に預託されるのも頷ける。

(5)結論:ドゥラメンテ産駒の推奨馬

以前にこのブログで、ノーザンファーム生産のドゥラメンテ産駒はヌレイエフのクロスを持つモシーンの18とスターアイルの18を候補に挙げたが、今回残念ながらサンデーサラブレッドクラブの募集にかからなかった。

だから、私はドゥラメンテ産駒を第一希望に書く予定はない。

ドゥラメンテの難点はスピード値にある。

上の6頭のうちイプスウィッチの18とアスコルティの18がDanehill Dancerを母父に持つのは偶然ではない。

芝の6Fと7FのG1を勝っているDanehill Dancerのスピード値のアシスト狙いが見えている。

というわけで、ドゥラメンテ産駒を推薦するとしたら、イプスウィッチの18とアスコルティの18の2頭、というのが結論だ。

👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ

にほんブログ村